ページ上へ

安全性・違法性に違いあり!インカジとオンカジ

インターネットカジノとオンラインカジノは混同されやすいですが、両者はまったくの別物です。前者は完全な違法なものであるのに対し、後者は健全な娯楽に属するものと言えます。

インカジとオンカジの違い

カジノがあるラスベガスの入り口

なぜ日本人の間ではオンラインカジノに対する負のイメージが色濃いのか、それはインカジ(インターネットカジノ)の存在に起因すると考えられます。

多くの方がインカジ(インターネットカジノ)とオンカジ(オンラインカジノ)の違いを正確には理解していないのではないでしょうか。

換金の経緯の違い

カジノで儲けた大量の金塊
インカジの場合

インターネットカジノ、いわゆるインカジは結論から言うと完全な違法です。
その仕組みは、インターネットでカジノができる環境をお店(インターネットカフェ的な場所)が用意し、客が遊戯します。遊戯するにあたってのチップの代金はお店に支払うことになります。そしてそのカジノ上での勝敗に応じてお店が換金行為を行う。

つまり、カジノが違法とされている日本国内で、無許可のお店が胴元として賭場を開帳していることと同じ構図が成り立つわけです。当然ながらこれは賭博開帳罪にあたり、その場で遊戯していた客側も賭博罪で摘発の対象となります。

オンカジの場合

一方オンカジも、運営側がインターネット上でカジノを通じて賭け事をする場所を提供している、という点においてはインカジと同じです。 しかし、胴元であるカジノは合法とされる海外の国から正式に認可を受けて運営されています。そして、換金についてもしっかりとした仕組みが整っていて、そこに違法性はありません。

具体的には、ecoPayz(エコペイズ)iWallet(アイウォレット)といった海外の電子決済サービスを使うことになります。
この決済サービスが利用者の日本国内の銀行口座とオンラインカジノの口座の‘繋ぎ役’を担うことになります。

合法的に運営しているオンラインカジノを日本の法律で摘発することができない以上、そこでの利用者や換金行為自体を咎めることはできない、というのが賭博法の根本にはあるのです。
換金には身分証(免許証など)と住所確認書類(住民票や公共料金の明細)が必要となります。多少面倒ではありますが、これら公的な証明を要するところが逆にその健全性を表していると言えるでしょう。

オンラインカジノは安全

インカジとオンカジはまったくの別物です。
看板も出ていないような怪しく薄暗い店の中で賭博行為をするインカジとは違い、オンラインカジノは正式に認可を得て運営されているクリーンな娯楽と考えて良いです。

インカジと混同せず、安心して遊べるものだと認識してもらえれば幸いです。