ページ上へ

ルールとゲーム進行について-ブラックジャック編

トランプを使いその数字の合計値を競うという点で、ブラックジャックはバカラと似た部分を持ち、いずれもカジノで人気のゲームとなっています。ここではそのルールとゲームの進め方を簡単に説明しています。

ブラックジャック

カジノにおける人気のテーブルゲームの1つです。トランプの数字を使って行うという点でバカラと似ています。
ディーラーとプレイヤーとの間で、手札の合計値が21に近い方が勝ちというシンプルなルールですが、配られたカードによる定石のアクションやゲームの波など、遊んでみると奥が深いところが人気の要因かもしれません。
ここではブラックジャックの基本的なルールやゲームの進行の仕方について解説します。

点数の数え方

ブラックジャックにおけるトランプの数字ごとの点数です。

このような計算方法になっており、ディーラーとプレイヤーとの間で21により近い数字を出した方が勝ちとなります。
Aと10もしくは絵札の2枚のみで構成する21の手札を「ブラックジャック」と呼び、これがこのゲームにおける最強の手札です。21を超えてしまった手札はバーストとなり、そうなった時点で即負けとされます。

アクション

21に手札を近づけるためにプレイヤーはアクションを起こします。(ディーラーは手札に応じた動きが決められています。)

スタンド

これ以上カードは必要なく、現状の手札で勝負する場合の意思表示。

ヒット

21に近づけるためにもう1枚カードを引きたいという意思表示。結果的に21を上回ってバーストしてしまった場合はその時点で負けとなります。

スプリット

配られたカードが同じ数字の2枚だった場合に、手札を二つに分けてそれぞれ勝負することができます。
2つに分ける際に、最初にベットした分と同額のベットが改めて必要となります。10以上やAが2枚重なったときにはスプリットのチャンスとなります。(もちろんディーラーのハンドにも左右されますが)

ダブルダウン

配られた2枚のカードの合計値を見てから、ベットを倍にしてもう一枚だけ引くことです。
ダブルダウン後には1枚しか引けない点に注意が必要です。一般的に最初の手札が11になっているときがダブルダウンのチャンスと言えるでしょう。(13ある数字のうち、1/3近くが10なので21になりやすい)

ゲームの進行

①まずプレイヤーがベットを行います。複数個所に分けてもOKです。
各プレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られます。プレイヤー側のカードは2枚とも表に、ディーラーのカードは1枚目が表、2枚目は裏向きに配られます。

カードが配り終わった時点で、ディーラーの表になっているカードがAだった場合、プレイヤーは最初のベット額の半分を使ってインシュアランス(保険)を掛けることができます。Aが見える時点でディーラーのブラックジャックが成立する可能性が高いため、それに対しての保険を掛けるという意味でのインシュアランスです。

インシュアランスの詳細については説明を割愛しますが、ディーラーのブラックジャックが成立した場合にはベット分を失わずに済みます。しかし、ブラックジャックが成立しなかった場合にはインシュアランスに使った分のベットは戻ってきません。一般的にはインシュアランスは賭け額に対する期待値が高くないので、使わない方がよい戦術だと言われています。あくまで保険であり、積極的なアクションとは言えません。

また、ディーラーの表の手札と自分の2枚の手札を見比べて不利だと感じた場合には、ベット額の半分を支払って、この時点で勝負から降りることもできるルールになっているのが一般的です。