ページ上へ

ルーレットの遊び方基礎講座-カジノの定番ゲーム

カジノの定番ゲームであるルーレットの基本ルールをまとめました。賭け方の種類などの定番の情報から、還元率やコンスタントに勝ち続けるためのポイントなども絡めて解説しています。カジノの中でも大勝ちできるチャンスがあり、本物のカジノでも富豪から人気を集めている魅力に迫りました。

ルーレット

ルーレットの解説

ルーレットはカジノで定番のゲームでもあり、シンプルなルールから初心者でも楽しみやすい特徴を持ちます。
1~36と0、00の合計38のマスに入るボールを予想するゲームで、1撃36倍の高配当を狙ったり、オッズ2倍のシンプルなベットに大金を賭けて大勝負することができます。
オンラインカジノによってベットの上限は異なりますが、多くのケースでもっとも短時間で大勝ちするチャンスを持っているのが特徴で、幅広い必勝法を実践しやすいです。
ルーレットは富豪からも人気が高く、本物のカジノではVIPルームにルーレットだけが用意しているケースもあるくらいなので、積極的にチャレンジしてみてください。

なおルーレットには0と1~36の合計37の数字を使ったアメリカンルーレットと、00を加えた合計38の数字を使ったフレンチルーレットがあり、オンラインカジノの大半はフレンチルーレットを使っています。
赤黒や奇数・偶数などのオッズ2倍に掛けた場合や1~36の数字に賭けた場合、0と00に入ると全て負けになります。
期待値で言うと36÷38=94.73%の還元率になる計算です。ポーカーやブラックジャックなどプロのディーラーを相手にするゲームとは違い、完全運任せで約95%のバックを期待できるので、初心者にも勝機が大きく競馬やパチンコよりも利益を出しやすいギャンブルです。

ルーレットの賭け方

ルーレットの主要な賭け方をオッズ別にまとめました。

オッズ2倍
RED or BLACK 赤か黒にBETする、数字の並びに対して赤と黒の配置はランダムだがルーレットの中では赤と黒が交互の配置になっている
EVEN or ODO EVEN(偶数)かODO(奇数)の2択
1 to 18 18以下か19以上の2択
オッズ3倍
1st 12
2nd 12
3rd 12
1~12、13~24、25~36の3択
2 to 1 BETマットで並ぶ縦の数字に全て賭ける(3パターン)
数字へ直接ベット
ストレートアップ 36倍 1つの数字にBETする(カジノチップを置く)
スプリット 18倍 2つの数字の間にチップを置いて2つの数字に賭ける
ストレート・トリプル 12倍 横に並ぶ1列(3つの数字)に賭ける
ダブルストレート 6倍 横に並ぶ列の真ん中にチップを置いて連続する2つの横の列に賭ける(6つの数字に賭ける)
コーナー
フォー
スクエア
クォーター
9倍 4つの数字の真ん中にチップを置いて4つの数字に賭ける

カジノによって呼び方が異なることがありますが、基本的なルールは全て共通です。
主にオッズ2倍か3倍に1点集中型で賭ける人と0~36の数字上に複数のチップを置いて勝負する人の2パターンに分かれます。

データや癖を見抜けるかがポイント

ルーレットはランダムに入る数字を当てるゲームですが、長くやっていくと高い確率で偏りや癖が出る時間帯が発生します。 たとえば黒よりも赤の発生確率が高くなったり、特定の数字が短時間のうちに何度も入る症状です。 何度も続いているから違う数字になるといった逆張りよりも、現在の流れを汲み取った順張りをした方が勝ちやすいと言われています。 ゲームフローは完全な運任せですが、流れを読む洞察力がある人はコンスタントに勝ちを重ねることができます。