ページ上へ

オンラインカジノのスロットについて-日本のものとの違い

オンラインカジノのスロットは日本のパチンコ屋でできるスロットに比べてハイリスク・ハイリターンの要素を持っています。設定や目押しの概念はなく機械割は100%を切ると言われています。長期的な期待値は低いですが、一攫千金を目指せて楽しくギャンブルを楽しめるのがメリットです。

スロット

日本では身近なパチンコ店でスロットを楽しむことができますが、オンラインカジノではよりギャンブル性の高いスロットを楽しめます。
本物のカジノではスロットが場内の一番人気になっていることも多く、オンラインカジノのスロットは一撃性を持った魅力から多くのギャンブルファンのハートを掴んでいます。

日本のスロットとの違い

オンラインカジノのスロットは日本のスロットに比べて以下の違いがあります。

  • 1回転のロットが大きい(日本のスロットは1回転60円だがオンラインカジノは数十ドルまでBET可能)
  • 1回の出目で一気に利益が出ることも(日本のスロットはBIGボーナスを複数ゲームで消化するがオンラインカジノは揃った瞬間に高配当が払い出しされる)
  • 1日に勝てる金額が大きい(日本のスロットは頑張って20~30万円程度だがオンラインカジノのスロットは数百万円以上の利益が出ることも)
  • 目押しの必要がない

簡単にまとめるとオンラインカジノのスロットはハイリスクハイリターンで、短時間遊ぶだけでも大きな利益を得られる可能性を秘めています。
本物のカジノでは4リールなど複雑な形状をしたスロットが主流ですが、日本人の需要が高いオンラインカジノでは、日本でお馴染みの3×3リールを採用している機種が人気です。
なおゲームフローとして目押しの必要はなく、レバーを回すと自動的にリールが停止する流れになり、1回転あたりのBET数を任意に調整できます。

設定はあるの?

オンラインカジノのスロットには設定がありません。同じ機種の中で台選びをする重要性は低く、全員が同じ条件かつ同じ確率の抽選でスロットを楽しむことができます。
ちなみにオンラインカジノのスロットはジャックポット形式を採用しているケースが多く、ジャックポットがある機種は大勝ちできるチャンスがある一方で、ジャックポット以外の通常時の機械割は低めに設定されています。

機械割はどのくらい?

日本のスロットは4~6段階の設定があり、機種にもよりますが設定1で97%前後、設定6なら110%前後の機械割になっているのが一般的です。
オンラインカジノのスロットは機械割の公表をしていないので明確な期待値は分かりませんが、およそ93~97%程度だと言われています。
機械割だけで見ると日本のスロットより低いですが、一撃性があり大きく勝てるチャンスを秘めています。

オンラインカジノでスロットを打つ必要とは

激熱イベントを追いかけたり、店舗のデータを取って高設定台を狙い撃ちできるようなスロプロであれば、オンラインカジノのスロットに魅力を感じないかもしれません。
設定がなく機械割が100%を切っていれば、長く続けるほど負ける可能性が高まる計算になります。
必勝法と呼べる手法も存在せず、ただ運任せで回していくだけになるので、確実な勝ちを追い求めるタイプの方には合わないでしょう。

しかし、プレイヤーの手法によって優劣がなく、運が良ければ大勝ちできることに魅力があるのがオンラインカジノのスロットです。
ギャンブルは気持ちがヒートアップしやすく、コツコツ稼いでいても一度の負けから感情的なBETをして大負けしてしまう方が多数います。
オンラインカジノのスロットは感情に左右される要素が少なく、機械的な作業を続けていく流れになるので初心者でも勝ちやすいゲームで、多彩な演出によってプレイヤーを楽しませる工夫をしていています。
続々と新作が出るスロットゲームは昔ながらの定番ゲームとは一味違った魅力を持っていますし、なによりオンラインカジノは投資ではなくギャンブルなので、楽しくプレイできることが重要です。

こうした気分転換でギャンブルを楽しみたい方は、ぜひオンラインカジノのスロットにチャレンジしてみてください。機種によってゲームフローや期待できる配当が大きく変わるので、色々なスロットをプレイしてお気に入りの1台を見つけてみましょう。