ページ上へ

スポーツベッティングの特徴と勝利へのカギ

スポーツベッティングはサッカーやオリンピックなど実際のスポーツを対象にした賭け事です。ブックメーカー経由でのギャンブルが有名ですが、オンラインカジノ経由でも利用することができます。オッズと期待値のバランスを見極めることが勝利へのカギで、本気で利益を目指すなら複数のブックメーカーやオンラインカジノを利用できる環境を作りましょう。

スポーツベッティング

スポーツベッディングは、オンラインカジノの中でも特殊性があり、その場の短期決戦ではなく実際に行われるスポーツの結果を賭けの対象にするものです。
日本では野球賭博によるネガティブな話題が出ることもありますが、海外に運営拠点のあるオンラインカジノ経由であればスポーツを賭け事にしても問題はありません。

内容はブックメーカーと同じ

オンラインカジノに興味を持つようなギャンブル好きの方はブックメーカーの存在を知っている人も多いでしょう。
ブックメーカーはサッカー、野球、オリンピック、海外競馬など幅広いスポーツイベントを賭け事として提供するもので、ヨーロッパでは政府がブックメーカーを運営しているケースもあります。

スポーツを公式に賭け事として楽しむ方法として、もっともメジャーなのはブックメーカーです。しかし、日本から海外のブックメーカーに登録するのは難易度がかなり高いです。
実はスポーツベッティングを行っているオンラインカジノの多くはブックメーカーと提携していて、オンラインカジノ経由でブックメーカーに登録するサービスを扱っているところもあります。
ブックメーカーと提携せずに独自のプラットフォームでスポーツベッディングを扱っているオンラインカジノもありますが、仕組みは同じです。

オッズは運営元が決める

競馬の場合は馬券の売上に応じてオッズが決まりますが、スポーツベッディングの場合は、あらかじめオッズを運営元が決めているケースが多いです。
購入状況によって途中で変更されることもありますが、ブックメーカーの算出した期待値によってオッズが決まり、決められた還元率という概念がなく賭け事と結果によって運営元の利益率が変わります。
闇雲に対象の賭け事を全て勝負するのではなく、ある程度予想に自信があって魅力的なオッズのものにベットしていくのが長期的に利益を出すコツです。
ファンが多くて応援票の入りやすいスポーツは、期待値に対してオッズが高くなるケースも多く、フラットな目線で冷静な分析をできる人なら勝てるチャンスが大きいギャンブルだと言えます。

客寄せで超配当オッズを出すことも

ブックメーカーは話題作りで多くの人が勝てないと思っている選手やチームに異例のオッズを付けることがあります。
有名なのは日本人サッカー選手の岡崎慎司選手が所属していた時のプレミアリーグのレスターで、開幕前は誰も優勝しないだろうと思っていたことから、約5,000倍のオッズを付けられていました。
そしてレスターが下馬評を覆す躍進で見事優勝したことで、ブックメーカー異例の高配当が世界的なニュースになりました。
このレスター5,000倍事件をキッカケに、極端に高いオッズが出ることは少なくなりましたが、スポーツベッディングは運営者の都合や思惑によって思わぬチャンスが落ちていることがあります。

複数のオンラインカジノに登録する

オリンピックやサッカーなどのメジャーなスポーツは複数のブックメーカーが扱い、場所によってオッズが変わります。
状況によっては同じ内容の賭け事なのに、ブックメーカーAでは5倍、ブックメーカーBでは7倍など、オッズが数倍単位で変わってくることがあります。
スポーツ観戦にギャンブル性を持たせて楽しく観戦する目的なら、1つのオンラインカジノやブックメーカーでも構いませんが、本気で利益を追求したい場合は、なるべく多くのブックメーカーやオンラインカジノを利用できる状況を作っておくと有利です。