ページ上へ

ダブルアップで一攫千金!ビデオポーカーの魅力

オンラインカジノにおけるビデオポーカーの特徴と概要をまとめました。1人でサクサク進められるゲーム性のほかに、高い役やダブルアップを活用した一撃性を秘めていて、爆発力はオンラインカジノの中でトップクラスです。機種によってルールが異なる点を理解して楽しみましょう。

ビデオポーカー

ビデオポーカーは1人専用のモニターでゲームするタイプのポーカーです。通常のポーカーはディーラーや他のプレイヤーと対戦する流れになりますが、ビデオポーカーは1人で配られたカードで成立させた役に応じて配当が支払われる流れです。
通常のポーカーは賭けたチップ(コールやレイズを含む)に対して勝てば2倍、負ければ0であるのに対し、ビデオポーカーは大きな役ができれば一撃で大きな配当を得られ、さらにダブルアップ等で増やしていけるという点が魅力です。
爆発力はオンラインカジノの中でもトップクラスで、最低限のルールさえ覚えておけば誰にでも勝てるチャンスを得られやすい人気ゲームです。
爆発力はオンラインカジノの中でもトップクラスで、最低限のルールさえ覚えておけば誰にでも勝てるチャンスを得られやすい人気ゲームです。
ゲームセンターのメダルゲームやスマホアプリでも人気の高いゲームなので、ビデオポーカーをやったことない人は、まずは身近なゲームから練習してみても良いでしょう。
ポーカーの手役については、通常のポーカーの解説ページに記載してあるのでそちらを参考にしてください。

ポーカーの役と配当

ポーカーの役と配当の相場(オンラインカジノによって異なる)は以下の通りです。

・ツーペア 配当:1~2倍 成立条件:同じ数字が2枚をペアが2つできる ・スリーカード 配当:1~3倍 成立条件:同じ数字のカードが3枚ある ・ストレート 配当:4~5倍 成立条件:5枚のカードが連番になる(数字は2が起点になる→10~エースは成立、エース(1)と2を絡めた連番は不成立) ・フラッシュ 配当:5~8倍 成立条件:5枚のカードの絵柄(スペード、ダイヤなど)が全て同じになる ・フルハウス 配当:8~10倍 成立条件:1ペア+3カード(5枚のカードの中が2種類の数字になる) ・フォーカード 配当:20~25倍 成立条件:同じ数字のカードが4枚ある ・ストレートフラッシュ 配当:50~100倍 成立条件:ストレートとフラッシュが同時に発生 ・ファイブカード 配当:100~300倍 同じ数字のカード4枚とジョーカー ・ロイヤルストレートフラッシュ(ロイヤルフラッシュ) 配当:100~800倍 成立条件:10-J-Q-K-Aによるストレートフラッシュ。ポーカーにおける最強の手役

ゲームの流れ

ビデオポーカーのルールは対戦型ポーカーよりもシンプルで、5枚のカードが配られたら手元に残るカードを選択(HOLD)して1回のみカード交換を行います。
手札に応じた役に応じて配当が支払われ、機種によってはダブルアップに進めるか選択できます。

ダブルアップ

ビデオポーカーはダブルアップで配当を倍増させる勝負ができるようになっているのが一般的です。
たとえば1ベットしてスリーカードで2倍になった場合、そこからダブルアップ1回成功で4、2回成功8、3回成功16…と増えていきます。しかし、途中で失敗すればその時点で配当は全額没収されてしまいます。
ゲームの機種によっては半分の勝利を確定させて、残りの半分をダブルアップできるハーフダブルを搭載しているものもあります。

オンラインカジノで使われる主要4機種

ビデオポーカーは複数の機種があり、オンラインカジノによっては複数の機種を用意しているケースもあります。
オンラインカジノで普及率が高い4機種の特徴をまとめました。

ジャック・オア・ベター

勝つためにはジャックのペア以上が必要で勝率が低いがロイヤルフラッシュは800倍になるなど高配当を狙える定番機種

オールアメリカン
 

基本ルールはジャック・オア・ベターと同じで、フラッシュ以上のオッズが高くストレート以下のオッズが低い

デュース・ワイルド

4枚の2のカードがワイルドカードになり、役のルールが他の機種と若干異なるもの。

ジョーカーポーカー

名前の通り、ジョーカーを使うタイプ。ゲームセンターなどでも広く普及している