ページ上へ

経費を抑えて還元率をあげたオンラインパチスロ!他のギャンブルとの比較

オンラインパチスロは他のギャンブルと比較して、還元率が高いです。リアルのスロットホールよりも人件費や、台購入費用といった経費が格段に安いため、その分プレイヤーへの還元が増える仕組みです。

ギャンブル史上最高の還元率!

画面を見て喜ぶ人たち

オンラインパチスロの還元率は97%から99%と言われています。
以下の表に、その他の主なギャンブルの還元率をまとめてみました。

種類 還元率(約)
オンラインパチスロ 97~99%
オンラインカジノ 93~97%
パチンコ・パチスロ 80~85%
競馬・競艇・競輪 76%
宝くじ 47%

このように当サイトがメインでご紹介しているオンラインカジノをも上回る還元率を、オンラインパチスロは実現しているのです。
では、なぜそれほどの高い還元率を出すことが可能なのかを、リアルのスロットホールと比較しながら解説します。

人件費がほとんどかからない

パチンコ屋の経営のおける経費は様々にありますが、固定でかかるものとしては「人件費」が大きいでしょう。
大きい店になればなるほど多くの人を雇わなければ店が回らなくなるため、その分人件費が嵩むようになります。
それに対してオンラインパチスロならば、最低限のメンテナンスやサイトの維持にプログラマーやデザイナーの手は必要になりますが、リアルのホールに比べると圧倒的に少ない額で済みます。

設備投資にもお金がかからない

パチンコやスロットの台は、思ったよりも場所をとります。
数百台、規模で台を設置するホールを運営するとなれば、かなりの規模の土地や建物が必要となります。借りるにしろ買い上げるにしろ、相当なお金がかかることは確実です。
オンラインパチスロであれば、これに当たるのがサーバー費用といったところでしょうか。
オンライン上で稼動させる台の数によっては大容量のサーバーが必要となるので、規模に応じて費用が上がるには上がりますが、実店舗に比べたら本当に小さなものです。

また、実店舗の運営をする上で一番お金がかかるのが、台の購入費です。
液晶や大がかりな役モノが搭載されるようになり、1台あたりの価格は以前に比べてどんどん上昇しています。

1台100万円を超えるのは当たり前であり、新台を100台導入するだけで億単位のお金がかかることになるのです。

オンラインパチスロはどうでしょうか。新台の導入にかかる費用はプログラマーへの人件費のみであり、開発さえ済めば稼動台数は無限に増やせます。
圧倒的に安い費用で、場合によっては現存するどのホールよりも大規模での運営が可能なのです。

設備投資にもお金がかからない

実店舗のパチンコ屋にしてもオンラインパチスロにしても、運営は利益を出せなければ成り立ちません。
お客さんが使うお金を売上として、そこから経費を差し引き、残った分がお客さんへの還元分とお店の利益となります。
つまり、経費が抑えられる分だけお客さんへの還元分を大きくできる、ということになります。
ここまで解説したとおり、オンラインパチスロはリアルなホールに比べて圧倒的に経費を抑えた運営が可能となっています。

オンラインパチスロが高い還元率を実現できているのには、このような背景があったのです。
いかがでしたか?オンラインパチスロの高還元率は決して誇張でもなんでもなく、理屈が伴った実現可能なものなのです。
数あるオンラインパチスロの中でも、特に「カチドキ」は還元率99%という限界値で運営を続ける優良サイトです。
登録自体はもちろん無料ですので、雰囲気を見てみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

カチドキに登録する