ページ上へ

ペイアウト率が高いのには理由がある!オンラインカジノの特徴

オンラインに限らず、すべてのカジノ運営にはコストがかかります。そんな中、オンラインカジノは人件費などのコストがあまりかからないことから、その分は利用客に還元しやすい仕組みになっています。

ペイアウト率の高さ

カジノでの勝者が手に入れることのできる大金

オンラインカジノの最大の魅力が、その「ペイアウト率の高さ」です。
ペイアウト率とは、客側が使った(賭けた)金額に対して配当として何%戻ってくるかという還元率のことを指し、それが高ければ高いほど勝ちやすいということになります。なお、基本的にペイアウト率が100%を超えるということはありえません。(利益が出ず、運営が成り立たないため)

まずは以下の比較表をご覧ください。

スマートフォンで閲覧時は表を左方向にスライドしてご覧ください。

種類 オンライン
カジノ
パチンコ
スロット
競馬
競艇
totoBIG 宝くじ
還元率(約) 97% 85% 76% 50% 47%

このように、オンラインカジノは他のギャンブルに比べて圧倒的にペイアウト率が高いことがわかります。しかも比較的覚えやすい攻略法が多くあるので、それらを駆使することで勝率をより高めることが可能となります。

オンラインカジノ攻略法一覧

なぜ還元できるのか

では、オンラインカジノのペイアウト率が高い理由に目を向けてみましょう。還元率の設定は運営にとっては死活問題です。低くしすぎると客が離れてしまいますし、高くしすぎると経営を圧迫します。

そんな中、オンラインカジノのペイアウト率がこの水準に落ち着いたことには、以下のような理由があったのです。

運営コストが低い

カジノ運営側の利益とは、カジノによる収益から運営コストを引いた分となります。いくらカジノで収益を上げたとしても、運営コストがそれ以上にかかってしまっていては利益がでないのです。

ここで言う運営コストとは、実店舗型のカジノであれば箱代(家賃)や人件費(ディーラーやその他従業員)、光熱費などのことを指します。大きいカジノであればこれは膨大な金額になるでしょう。

オンラインカジノの場合、まず家賃がかかりません。
正確にはサーバー代などは発生しますが、実店舗の家賃に比べたら安価です。人件費に関しても、プログラマーなどのエンジニアや、オペレーターは必要になるものの、こちらも実店舗に比べると圧倒的に低コストに抑えることができるでしょう。

24時間営業が無理なくできる

こちらも人件費の話と関連しますが、オンラインカジノはどこも24時間営業です。そしてそこに特別なコストがかかりません。
実店舗のカジノもだいたいが24時間営業ですが、営業時間に応じた人件費が掛かっています。

利益を出すためにはそれなりの売上が求められ、売上が足りなければ大きな赤字を出すリスクも抱えているのです。その点オンラインカジノは少ないコストで最大限の売上を出すことが可能です。

コストがかからない分を利用客に還元

一攫千金を目指して多数の観光客が集まるカジノ

もちろん実店舗のカジノには特有の魅力がいくつもあります。独特の雰囲気や臨場感はなかなかオンラインカジノで再現するのが難しいでしょう。
しかし、利用者のすべてがそればかりを求めている訳ではありません。

より手軽に、好きな時間に遊べる。しかも勝ちやすい。それがオンラインカジノの魅力であり、それを求めているユーザーは実に多いのです。
勝ちやすいのはオンラインカジノのペイアウト率が高いからです。そしてそれは、実店舗のカジノや他の公営ギャンブルに比べてオンラインカジノの運営コストが低く、それによってできる余力を顧客に還元しているから、ということです。