ページ上へ

ローリスクで遊びたい人のための攻略法【10%法】

10%(テンパーセント)法は名前の通り軍資金の10%を1回のロット(BET数量)に固定するカジノ必勝法で、良い流れの時に大きく勝てて、悪い流れの時は損失を少なくできるローリスク・ハイリターンの特徴を持ちます。しかし、オッズ2倍で50%の勝率を確保しても損失が発生してしまうリスクが発生します。

10%(テンパーセント)法

10%(テンパーセント)法は名前の通り、所持している資金(チップ)の10%を賭けていくというシンプルなものです。 勝てば10%ルールによってロット(BET数量)が少しずつ増えていく流れになり、負けるとロットが少なくなります。 勝ち越せば複利効果で大きな利益が出るのと同時に、負けが続いた場合はロットが下がることで大負けするリスクを回避できるローリスクなカジノ攻略法の一つです。

オンラインカジノで大負けする人は損すると感情的になって、損失を一気に取り戻そうとして大勝負を仕掛ける方がよくいます。 しかし、負けが続いている悪い流れの中で大勝負すれば、傷口をさらに広げる結果になる可能性の方が高いでしょう。 10%法によって感情的な大勝負を避けることができれば、悪い流れではリスクを抑え、良い流れになったら複利効果で大きく利益を出すことが自然にできるようになります。気持ちがヒートアップして大負けした経験を持っている方に向いている手法です。

概要

10%(テンパーセント)法の概要は実際の事例を見ると分かりやすいです。 シンプルな事例としてルーレットの赤黒(オッズ2倍)に1点賭けを続けた場合のBET額の増減をご覧ください。

・スタート → 100ドル (※端数は四捨五入や切り捨てなど任意でルール設定する) 1回目 10ドル(軍資金の10%) → 勝ち(110ドル) 2回目 11ドル → 勝ち(121ドル) 3回目 12ドル → 勝ち(133ドル) 4回目 13ドル → 負け(120ドル) 5回目 12ドル → 負け(108ドル)  6回目 11ドル → 負け(97ドル) 7回目 10ドル → 負け(87ドル) 8回目 9ドル → 負け(78ドル)

今回の事例では3連勝して5連敗した事例を紹介しています。 このように10%を賭けて、手持ち資金に応じてロットを増減させていく流れです。

メリット・デメリット

メリット

オンラインカジノで長時間遊ぶと、必ず良い流れの時と悪い流れの時がきます。 10%法を実践すれば、その場の流れに応じて適切なロットで勝負することができるので収支が安定しやすくなります。 また、ルールを決めて機械的にロットを決めていくため、感情に左右される要素が少ないのことからも、短期的に大負けするリスクを回避できる点が優れています。 初心者や手堅く遊びたい方におすすめのオンラインカジノの攻略法の一つです。

デメリット

10%法に大きなデメリットはありません。幅広いカジノゲームで使えますが、基本的に倍率(オッズ)が高く勝率が低いゲームだと、初期投資の10%ロット自体が高すぎてしまい、どこかで連敗すればすぐに資金を溶かしてしまいます。 オッズ2倍のものに10%法を活用するのがセオリーですが、オッズ2倍のギャンブルに軍資金の10%で1点買いを繰り返していくと、長期的に見て大きく勝てる可能性が低いです。 勝っている時は必然的にロットが大きくなるので、負けた時のダメージが大きくなり、結果的にやや負ける結果に終わるケースが増えます。

また、負けている時はロットが少なくなるので、それまで負けた回数だけ勝利を重ねても損益分岐的に達しません。(5連敗した後に5連勝すると軍資金が97%程度になる計算) さらに5連勝した後に5連敗した場合も軍資金が95%程度に減ってしまいます。 完全な運任せの半丁博打で活用するよりも、データや場の流れを読んでいるなど、勝算のある中で実践することが望ましいです。

5連敗後に5連勝した場合の事例

1敗目:100ドル→90ドル 2連敗:90ドル→81ドル 3連敗:81ドル→73ドル 4連敗:73ドル→67ドル 5連敗:67ドル→60ドル 1勝目:60ドル→66ドル 2連勝:66ドル→73ドル 3連勝:73ドル→80ドル 4連勝:80ドル→88ドル 5連勝:88ドル→97ドル

5連勝後に5連敗した場合の事例

1勝目:100ドル→110ドル 2連勝:110ドル→121ドル 3連勝:121ドル→133ドル 4連勝:133ドル→147ドル 5連勝:147ドル→162ドル 1敗目:162ドル→146ドル 2連敗:146ドル→131ドル 3連敗:131ドル→118ドル 4連敗:118ドル→106ドル 5連敗:106ドル→95ドル ※端数は四捨五入