ページ上へ

ブラックジャック限定攻略法-カウンティングとは

カウンティングはブラックジャックのみで使える最強の必勝法ですが、連続シャッフルが行われるオンラインカジノでの有効性はありません。オンラインカジノだけでギャンブルを楽しむ方は覚える必要性が低いですが、念のため仕組みとルール、メリット・デメリットを紹介しています。

カウンティング

カウンティングはブラックジャックで有効な攻略法です。
確実で正確なカウンティングができれば、かなり勝率を高めることができます。まりに強力なために、カジノ側もカウンティングができないような対策を始めてしまうほどです。オンラインカジノにおいてもカウンティング対策は施されているため、あまり使い道はないかもしれません。
仕組みは簡単で、これまで出たカードをカウント(記録)していき、残っているトランプの枚数と種類を把握した上で勝負を仕掛ける、というものです。

 

概要

ブラックジャックは、エースと10~13のカードが圧倒的に強い、という特徴を持っています。
カウンティングには複数の手法がありますが、最低限10~13とエースの出現数を把握しているだけでも勝率が大幅に高まります。
10~13の残数が多い場合、ディーラーがバーストを起こす確率も高くなるので、保守的な勝負で利益を出すことも可能となります。
仕組みは簡単で、場に出たカードを記録して、消去法によってこれから配られるカードの中に、どのような数字が残っていて出やすいかを予測しながら立ち回るだけです。

カウンティングは基本的にブラックジャックでしか使えません。
ブラックジャックの基本ルールを知りたい方はコチラ → 参考記事:14_01_ブラックジャック

オンラインカジノで使えるの?

本物のカジノであれば、シューターの残り枚数が少なくなるまでシャッフルをしないため、カウンティングを完璧に遂行できればかなり有利になります。
しかし、ゲームしながらメモを取って記録していくと注意される可能性が非常に高いです。(カウンティングはカジノ側から好ましく思われない
では、オンラインカジノではどうでしょうか?

まず、オンラインカジノでは、シャッフルする仕草の演出がありません。また機械上で行う仕組みなので、ほとんどのオンラインカジノでゲーム毎に連続シャッフルを行っています。
1ゲームの中でカウンティングをするのも多少の意味はありますが、攻略法と呼べるだけの効果は出ないでしょう。
残念ながら、リアルなカジノ限定の攻略法と言えます。

メリット・デメリット

メリット

オンラインカジノでの有効性は低いので、使うメリットはほとんどありません。
本物のカジノで実践する場合、紙とペンで記録を取ることが困難ですし、記録を取っても残りのカードの割合を瞬時に計算するのは困難です。 昨今はスマホアプリでもブラックジャックのカウンティングに使えるツールが登場しています。
有料アプリではありますが、カジノや友人同士の遊びでカウンティングを実践してみたい方は活用してみてください。

参考URL:https://apps.apple.com/jp/app/21-blackjack-card-counter/id294151538?ign-mpt=uo%3D4

デメリット

カウンティングのデメリットとして、オンラインカジノは元より、リアルのカジノでもメモやツールを使うことはできない点が挙げられます。
しかしながら、シャッフルのスパンは各オンラインカジノによって異なるので、複数ゲーム毎にシャッフルをしている所を見つけられればチャンスがあります。
使える場面があれば、自分の頭の中でカウンティングしながらやる程度が無難であり、積極的に使っていける攻略法とは呼べないでしょう。