ページ上へ

初心者にもおすすめ!グッドマン法が優れているポイント

オンラインカジノの攻略法として人気のグッドマン法は、勝つ度にベット数(ロット)を2倍に増やすパーレー法(逆マーチンゲール法)の応用版とも言えるものです。連勝すれば大きな利益を出すことができ、3連勝以上すれば利益が確定されるメリットを持ちます。

グッドマン法

グッドマン法はカジノ攻略法で人気の高いパーレー法の応用バージョンです。
連勝する度にベット数量(ロット)を2倍に増やしていくパーレー法に対して、グッドマン法では「1→2→3→5」といった流れで増やしていくため、パーレー法よりリスクが低いです。
ギャンブルはオッズ2倍程度の賭けを選んでも連戦連勝を永久に続けるのは不可能です。

グッドマン法は上限ベッド数を当初の5倍を上限にすることで、運良く連勝したことを理由にロットが大きくなりすぎるリスクを回避できます。
グッドマン法については、パーレー法(逆マーチンゲール法)のメリット・デメリットを理解した上で活用するようにしてください。

1235法とも呼ばれる

マーチンゲール法やパーレー法は当初のベット数を基準に2倍ずつ増やしていきますが、グッドマン法は「1.2.3.5.5.5.・・・」と、初期投資の5倍を上限としています。
そして、あくまでもパーレー法の応用になるので勝ったら次の勝負でベット数を増やす流れになります。
ロット調整で大きな利益を目指す手法なので、基本的にはルーレットなどオッズ2倍のカジノゲームで活用するのがセオリーです。

グッドマン法の活用事例

1勝目:10ドル→20ドル(利益10ドル)
2連勝:20ドル→40ドル(利益30ドル)
3連勝:30ドル→60ドル(ストック10ドル+配当60ドルで合計70ドルになり60ドルの利益)
4連勝:50ドル→100ドル(ストック20ドル+配当100ドルで合計120ドルになり110ドルの利益)
5連勝以降… → 1回のBET数が50ドルで利益が50ドルずつ増えていく

このようなルールでBET数を増やしていき、負けたらまた10ドルから始める流れです。

メリット・デメリット

メリット

オッズ2倍で得た配当を次のゲームに全額突っ込むパーレー法の場合は、実践中に1回でも負ければ損失になるので、どこかで勝ち逃げしないといけません。
グッドマン法の場合は、2連勝した後に3戦目で負けてもトントン収支。3連勝以上すれば負けたとしても利益が残るため、大きな利益を狙いながらリスクを抑えたベット法です。
流れを読むなど2連勝以上をコンスタントにすることができ、どこかで5連勝以上できる自信がある人に向いています。
良い流れが来ている時に、ロットを大きくした勝負ができるのでハイリスク・ハイリターンというワケではなく、初心者でも実践しやすい攻略法です。

また、ロットの上限を5倍に制限しているため、止めどきを見計らう必要がありません。
パーレー法は連勝中の良い流れが来ている時にどこかで止めないといけないので、なかなか途中で止める決心ができないものです。目標の連勝数に達しても、そこで降りるのが後ろめたい気持ちになってしまいます。
グッドマン法は、5連勝以上すれば相応の利益が確定するので負けるまで思う存分続けられるメリットがあります。

デメリット

パーレー法と同じで安定性に欠けるのが大きなデメリットです。1回勝って2回目で負けた場合はパーレー法と同じ状況に落ちってしまいます。
オッズ2倍のゲームを活用して勝率50%を確保しても損失が出しやすいことを理解しておきましょう。

ただし、パーレー法に比べて3戦目以降はベット数が少なくなるので、比較的リスクとデメリットは少ないです。
単調な勝ち負けを繰り返すのではなく、連勝・連敗する時間帯が一定間隔で訪れる方は、勝率を大幅に高めることができます。
勝率50%で損失を出すこともあるのがデメリットですが、どこかで連勝する時間帯を作れれば勝率50%を切っても利益を残せるチャンスがあります。