カジノ攻略法【ウィナーズ投資法】見逃せないデメリットとは
ページ上へ

連勝・連敗に適切なベットができるウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法は、勝ち負けを交互に繰り返すよりも、連勝・連敗する時間帯が発生しやすい、というゲームの特性を活用した攻略法です。オッズ2倍のゲームに対して勝率50%でも利益を残しやすいメリットを持ちますが、単調に勝ち負けを繰り返したり、後半に連敗すると大きな損失を抱えやすいデメリットがあります。

ウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法の概要

ウィナーズ投資法はオッズ2倍のゲームで勝率50%を下回っても利益を残せる可能性を高めることができるカジノ攻略法です。
マーチンゲール法やモンテカルロ法の応用と言われていますが、1回のベット額が大きくなりづらく、比較的リスクが少ない部類に入ります。
ただし、1回の勝利で利益を確定できるとは限らず、連敗が続くほど厳しい状況に追い込まれてしまうデメリットがあります。

概要

ウィナーズ投資法は長引くほど頭の中の計算で正しく実践するのが困難になるので、記録が取れる環境が必須です。
本物のカジノでは、紙とペンを持ってプレイすると周囲から冷ややかな視線を浴びますが、オンラインカジノなら人目を気にせずに実践できるメリットがあります。
ウィナーズ投資法は1回目のベッドの基準値から始めて、勝ち負けに応じてベット額を増やしていく仕組みです。
2連敗までは1回目と同じ金額。そして連敗が続いたら基準値から算出した数字をベットしていきます。スタート時の基準は任意設定できますが、シンプルに1ドルから始めた場合の活用事例をご紹介します。

2連敗後の3回目までは決められたルールで行う

1回目と2回目は1ドルを投資して、勝てばセット終了。2連敗した場合は3ゲーム目にベット額を2ドル(2倍)に増やします。
そして、この際に紙で「1.1.2」のこれまでベットした数字を記録します。

4回目については、基本的に3回目と同じ2ドルを賭ける流れになり、勝ったら左端の数字を1つ消す。負けたら数字の右端に今回賭けた数字をプラスします。
そして、次のゲーム以降は左端の数字を2倍にした金額をベットしていき、メモの数字がなくなるまで続ける流れです。

運用事例①
勝負回数 基準の数字 BET数 勝敗 収支
1 1 1 負け -1
2 1,1 1 負け -2
3 1,1,2 2 負け -4
4 1,1,2,2 2 勝ち -2
5 1,2,2 2 勝ち 0
6 2,2 4 勝ち 4
7 2 4 勝ち(セット終了) 8
運用事例②
勝負回数 基準の数字 BET数 勝敗 収支
1 1 1 負け -1
2 1,1 1 負け -2
3 1,1,2 2 勝ち 0
4 1,2 2 負け -2
5 1,2,2 2 勝ち 0
6 2,2 4 負け -4
7 2,2,4 4 勝ち 0
8 2,4 4 勝ち 4
9 4 8 負け -4
10 4,8 8 勝ち 4
11 8 16 負け -12
12 8,16 16 勝ち 4
13 16 32 負け -28
14 16,32 32 負け -60
15 16,32,32 32 負け -92
16 16,32,32,32 32 勝ち -60
17 32,32,32 64 勝ち 4

※ここからさらに3連勝でセット終了

メリット・デメリット

メリット

ウィナーズ投資法のメリットは連勝・連敗に合わせた適切なベットができる点にあります。
勝ち負けを単調に繰り返すよりも、連勝、連敗するタイミングを交えて長期的に勝率50%に近づく特性を上手に活用しています。
オッズを上げた状態で連勝していくことで勝率50%を下回っていても利益を残せる可能性があり、名称の通り「ウィナーズ(勝者)」に特化した攻略法です。
連敗が続いてもロットを増やさないので、シミュレーションの数字で見る以上に総投資額を膨らませるリスクを回避できるのがポイントです。

デメリット

活用事例②で見てもらうとわかるように、後半から勝ちと負けを単調に繰り返していくとベット額が膨らんでいきます。
さらにベット額が増えた状態から連敗すると長期戦になり、精神的負担が大きくなるので注意しましょう。
連敗が続けばセットが無限に終わらなくなってしまう可能性もあり、ベット数をリセットできなくなります。
結果的に運が悪かったり、メンタル面に押し寄せる重圧に負けてウィナーズ投資法のルールを破ってしまう人が多いので注意しましょう。