ページ上へ

初心者が犯しがちなカジノにおける違反行為とは

他人名義のクレジットカードを使用する、二重にアカウントを作るなどの行為はすべてオンラインカジノにおいて違反とされています。悪意のありなしに関わらずアカウント停止等の処分を受けるので注意しましょう。

やってはいけない違反行為

オンラインカジノで違反行為

オンラインカジノには、その性質上守らなければいけないルールがいくつかあります。
ここでは、特に初心者の方がうっかり犯してしまいがちな違反行為をまとめています。

CHECK!①他人名義のクレジットカードを使う

これはカジノに限った話ではなく一般常識としてやってはいけないことです。場合によっては窃盗罪や詐欺罪に問われることもあるでしょう。
しかし、本人にそういった自覚はなく、「親のカードだから大丈夫だろう」などといった安易な考えで自分以外の名義のクレジットカードを使ってしまう方は一定数いるようです。

当然ながらオンラインカジノ側はこれを認めていませんし、厳重なペナルティが処されます。重大な規約違反者としてデータベースに登録され、他のオンラインカジノを含めてアカウントが永久に作れなくなるでしょう。

CHECK!②複数のアカウントを作る

オンラインカジノのアカウントは同一IPからは1つしか作れないようになっています。つまり同居している親や恋人などがいたとして、それぞれアカウントを作ろうとしても、それはできない仕組みとなっているのです。これは、基本的には不当にボーナスによる利益を得るという行為を防ぐための措置だと思われます。

別のIPから複数のアカウントを作り、それが同一人物によるボーナス狙いによるものということが発覚すれば、それには厳重な処分が下されるでしょう。

CHECK!③ボーナスをすぐに引き出す

たとえルールに則った範囲内だとしても、あからさまにボーナスだけを狙っていると思われる動きは、カジノ運営側からしてみると面白くありません。
ボーナスは初めて訪れた利用者がスムーズにゲームに入っていけるように用意されたものです。
ただ闇雲にお金をバラ撒いているわけではないのです。
したがって、そのような本来のボーナスの意図にそぐわないユーザーはカジノ運営側から除外されてしまう可能性があります。

CHECK!④不正行為

当然ながら、あらゆる不正行為は禁止されており、それが発覚した場合はアカウント停止だけでは済まない可能性もあります。
オンラインカジノはインターネット上のゲームを使うため、直接的なイカサマや不正は利用者側からはできません。もしも可能性があるとすれば不正プログラムなどを仕込むことになりますが、その労力に対してリスクがあまりにも大きいので、実際にやる人はほぼいません。

CHECK!⑤ボーナスマネーを上限以上に使う

これはこれからオンラインカジノを始める初心者の方には馴染みのないことであり、無意識に違反してしまう恐れがあるので特に注意をしてほしいことです。
オンラインカジノに初回登録すると、だいたいの場合ボーナスがもらえます。しかしこのボーナスにはいくつかの制約がかけられています。

使えるゲームが限られていたり、一回のBETに使える金額の上限が設定されていたり、といった具合です。これを知らずにボーナスを使おうとした場合にも、残念ながら親切に教えてはくれません。結果的にルール違反となってしまい、ボーナス及びそれによる勝ち分は没収されてしまいます。 これらの他にも、サイトそれぞれのルールが存在しますので、利用前に規約はよく確認するようにしましょう。

海外のサイトということもあり、基本的に日本人にとってはやや不親切に感じるところも多いかもしれませんが、規約に書いてある以上「知らなかった」は通用しません。無駄なトラブルを未然に防ぐためにも、オンラインカジノ特有の注意点は把握しておいて損はないでしょう。